勝率が半端ない!ルーレットで使えるハフイ攻略法が凄すぎる!!

カジノIR事業の監督権限を国土交通省に持たせる方向で検討中!

カジノIR事業の監督権限を国土交通省に持たせる方向で検討中!

政府は10日、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業の監督権限を国土交通相に持たせる方向で検討に入った。

 国交相が地域経済や観光に寄与しているかをチェックし、整備計画に合わない運営状況とみなした場合は施設への立ち入り検査を実施したり、改善命令を出したりできるようにする案を軸に調整している。

 政府は既に、IR区域の認定については、都道府県などが事業者の提案に基づき策定した整備計画を国交相に申請する仕組みを有識者会議に示している。認定を担う国交相が整備後も継続して事業の効果を監督することが望ましいと判断した。

 カジノ事業の資金の流れなどについては、内閣府の外局に置く「カジノ管理委員会」が監視する案を検討している。

 政府は、制度設計の大枠を7月末までにまとめる。国民の意見公募や与党との調整を経て、秋の臨時国会にIR実施法案の提出を目指す。 

カジノIR事業の国土交通省に監督権限をもたせる方向に進んでいるみたいですね。

管理人的には、ギャンブル依存症などの観点からして厚生労働省などが有力かと思っていましたが的が外れました。

しかし、国土交通省が監督権限を持つことによって、道路整備などの国民の生活インフラに国の予算が振られるようになる可能性が考えられるので、カジノを誘致できた都市などはさらに住みやすい街へと変貌していくかもしれませんね。

カジノができることによって治安の悪化などが懸念されていますが、良い面もあるということは事実かもしれません。

管理人的には、東京にカジノを誘致するのではなく地方都市にカジノを誘致してもらいたいです。※東京は人が多すぎて、生活がしにくい・・・

▼海外企業がカジノライセンスを取得して運営しているオンラインカジノの合法性や安全性を弁護士の先生がブログで発信しています▼

弁護士先生の見解を記事にしてまとめていますので、気になる方はチェックしてください!

▼インカジ(闇カジノ)とは?

  よく繁華街でお酒を飲んでいて、次の店に移動しようと街を歩いていると  

『インカジありますよ』

『めくりありますよ』

『裏スロありますよ』

などと、キャッチの若いお兄さんたちが声をかけていたりしているのを目にしたことはありませんか?

そのお兄さんたちについていくとビルの一室に連れていかれ、部屋の中に入ってみると大勢のお客さんがパソコンやテーブルの前でカジノゲームに没頭中。

そこがまさにインカジ(闇カジノ)です。  

ニュースや報道番組でもインカジ(闇カジノ)が摘発されました!などと報道されるのは良く見ますね。  

インカジのお客さんたちは自分が摘発・逮捕されるなんて微塵も思っていないので、 ハマっている人は毎日通ったりもしています。

この前世間を賑わせた元バトミントンの選手なども、一夜にして高額な金額を稼げるとハマっていて社会問題になりましたね笑

ただ、インカジ(闇カジノ)は違法です。

その場に踏み込まれたら、間違いなくお客さんも逮捕されるのでご注意いただきたい。  

警察当局が摘発を強化してるインカジ(闇カジノ)で遊ぶのは非常にリスキーですね。    

 

▼そんな中、インカジ(闇カジノ)からお客さんが流れているのはオンラインカジノ▼

最近インカジ(闇カジノ)にはまっていた人たちが、流れているのがオンラインカジノ。

インカジ(闇カジノ)とオンラインカジノは別物ですよー!    

▼オンラインカジノって何?

bandicam 2016-06-17 11-28-46-823_thumb[2]_thumb

オンラインカジノは、自宅のパソコンや会社のパソコンなどからできるオンラインカジノサイトの事を言います。

最近ではスマートフォンからできるオンラインカジノサイトも出てきて遊びやすくなって来ているのが現状です。  

インカジ(闇カジノ)などで遊んでいたゲームなど同じゲームが、自宅やスマフォから好きな時間に遊べるのが人気の理由みたいです。 

▼インカジ(闇カジノ)とオンラインカジノの違い  

よく言われる【インカジ】とはマンションの一室や雑居ビルの一室などを使い、室内のパソコンから海外のオンラインカジノサイトにアクセスさせて遊ばせ、店員がその場でポイントを現金に換えてくれる競馬でいうノミ屋のようなことをしているインターネットカジノです。

店員がその場でポイントを現金に換えてしまうと、店舗型の闇カジノといった認識になってしまうため逮捕や摘発をされてしまいます。  

しかし海外のオンラインカジノサイトで遊んでも海外の決済会社などを通してプレイする分には、現在の法律では個人を逮捕・摘発をすることできないのが現状です。  

日本のいたるところにあるパチンコ屋なども、法律の隙間をぬって3店方式という換金方式をとっていてお店側と個人間でお金のやり取りがないようにしているので逮捕や摘発されない状況と同じですね。  

その隙間をぬって遊んでいる方が多いオンラインカジノは、これからもひそかに人気を集めていくでしょう。

もちろん法の整備がすすんで違法になってしまった場合は、すっぱりやめることをお勧めしますが、法の整備が進むのも当分先の話になるでしょう。    

▼人気のオンラインカジノサイト best3

※ 登録して遊びたいかたはバナーをクリックすれば各サイトに進めます。

1位   クイーンカジノ

bandicam 2016-06-17 23-25-56-648_thumb[1][2]

あの元人気AV女優の上原亜衣ちゃんが公式アンバサダーガールを務めているオンラインカジノサイト。   

日本語サポートの対応や、充実したボーナスやキャンペーンなどもあり、オンラインカジノプレイヤー達には人気の高いオンラインカジノです。

出金のスピードも業界ナンバーワンの対応をしているので、プレイヤー達からの信頼は厚いです。   

パソコンとスマートフォンに対応しているので、いつでもどこでも遊べます!
会社に出勤する前に17万円勝てる事もありました。

自分の手持ちの銀行口座から軍資金の振込入金や、勝利金額の受け取りまで自分の銀行口座で完結できるので、他のオンラインカジノより利便性がもの凄くいいので重宝しています。

ここのアカウントを作成しておいてもいいかもしれませんね。

ちなみに私も遊んでいるのは、もっぱらクイーンカジノです笑
クイーンカジノではトータル400万位勝っています。笑

クイーンカジノの詳細ページはこちらからどうぞ

▼登録方法紹介ムービー

   

2位   ベラジョンカジノ

bandicam 2016-06-17 23-23-32-314_thumb[1][2]

ベラジョンカジノはオンラインカジノ界のKINGと言っても過言ではないくらい有名なサイトですね。

パソコン&スマホからプレイできるのでいつでもどこでも遊べます!

ゲームの種類が豊富で、毎月キャンペーンの更新もしているので沢山のプレイヤーたちに愛されています。

必勝勝利金システムは他のオンラインカジノサイトにはないキャンペーンで、毎日プレイヤーの誰かに100万円前後の賞金が当たります!
明日の当選者はあなたかもしれない。笑

3位   ウィリアムヒル

bandicam 2016-06-17 11-17-57-338_thumb[1][2]

スポーツベットをするならウイリアムヒル!

海外サッカーやメジャーリーグなどの試合にベットできるほか、日本のプロ野球の試合にも賭けれたりします!

スポーツベットがお好きな方はウィリアムヒルへどうぞ!