勝率が半端ない!ルーレットで使えるハフイ攻略法が凄すぎる!!

インカジ@ミナミ 逮捕・摘発されない遊び方

インカジ@ミナミ 逮捕・摘発されない遊び方

<大阪・バカラ賭博店>摘発した老舗「01」は組資金源

 ◇ミナミで20年営業続け、年間約十数億円の利益

 大阪府警が6月に摘発し、2億円以上を押収した大阪市中央区のバカラ賭博店は、指定暴力団・山口組の直系組織「大原組」(同市生野区)の主な資金源だったとみられることが捜査関係者への取材で分かった。大阪・ミナミの繁華街で移転を繰り返しながら約20年間営業を続け、年間約十数億円の利益を得ていたという。

 捜査関係者によると、関係者への聴取から複数の組幹部が長年にわたって経営に関与していた疑いが浮上。府警は山口組総本部(神戸市灘区)への上納金などに充てられたとみて資金の流れを追及している。

 府警保安課は6月26日、中央区心斎橋筋2の雑居ビル4階のバカラ賭博店「01(ゼロワン)」を摘発し、現金計2億1200万円を押収。これまでに経営者とみられる職業不詳の男(62)ら関係者12人を賭博開張図利の疑いで逮捕している。

 同課が売り上げを記録したUSBメモリーなどを分析したところ、毎月数千万~1億円強の利益を上げていたことが判明した。バカラはトランプのカードの合計数の大小を賭ける賭博。同店は国内有数の歴史を持つバカラ賭博店として口コミで広がり、昨年末の移転までは「大河」という店名で営業していたという。

遊んでいる客も逮捕されてしまう、違法賭博店には絶対に近寄らないようにしましょう。

違法賭博店で遊んでいて運悪く捜査関係者が現場に踏み込んできた場合、違法賭博店の従業員と一緒にあなたも逮捕されてしまいますからね。

私の知人が運悪く捜査関係者に踏み込まれたときの状況を詳しく話してくれたので、その時の状況をトップページに記事として掲載しています。

逮捕後の流れなども詳しく書いているので、気になる方は参考にしてください。

正直違法カジノ店って、そもそも違法だからイカサマし放題って印象ですね。

闇カジノやインカジ店舗には公式カジノライセンスなどの概念がないし、いつ摘発されるかわからないので早急に売り上げを立てなきゃいけないって事を考えるとイカサマは確実にやっているでしょう。

それに比べて海外企業が運営するオンラインカジノは、公式カジノライセンスを保有して公平性を担保されいてるのでイカサマの心配はまずないでしょう。

闇カジノで勝つことは夢のまた夢って感じですね。

私が遊んでいるクイーンカジノは公式カジノライセンスを保有しているので、第三者審査機関が常に監視を続けている優良オンラインカジノです。

興味があれば覗いてみてください。

【勝ち証拠画像有】Queen casino(クイーンカジノ)詳細&登録ページはこちらから

大阪・ミナミの違法カジノ店、実質的経営者の男を逮捕 3億5千万円の利益 大阪府警

トランプを使ったバカラ賭博をしていたとして大阪・ミナミの違法カジノ店の従業員や客ら計50人が摘発された事件で、大阪府警保安課は31日、賭博開帳図利容疑で、住居不定、職業不詳、稲葉裕輔容疑者(62)ら2人を逮捕したと発表した。稲葉容疑者が以前住んでいた大阪市西区のマンションから現金1億円が見つかっており、府警は同容疑者が実質経営者だったとみている。

 逮捕容疑は、6月26日、同市中央区心斎橋筋のカジノ店で客に金を賭けさせ、一部を手数料として受け取ったとしている。「私は知らない」などと、ともに容疑を否認している。

 府警は6月26日に店などを捜索。稲葉容疑者は行方が分からなくなっていたが、7月30日に潜伏先の大阪府吹田市のマンションで身柄を確保したという。

 店は今年5、6月の2カ月間で約3億5千万円の利益を得ており、府警はほかにも経営に関与していた人物がいたとみて捜査している。

  

大阪・ミナミの違法カジノ捜索、従業員と客24人摘発

客にトランプを使ったバカラ賭博をさせたとして、大阪府警保安課は26日、大阪市中央区心斎橋筋のカジノ店を家宅捜索し、賭博開帳図利容疑で経営者の宮武正晃容疑者(41)=同市浪速区幸町=や従業員ら店側の26~47歳の男10人を逮捕、客の男女14人も単純賭博容疑で現行犯逮捕した。ほかに店内にいた従業員23人と客3人からも任意で事情を聴いており、書類送検する方針。

 府警によると、違法カジノ店の捜索で一度に50人を摘発するのは過去10年で府内最多になるという。

 同課によると、店は雑居ビルの4階で24時間営業し、口コミで客を集めていたとみられる。ビルのエレベーターは4階に停止せず、別の階から従業員が案内しなければ入店できない仕組みだった。

 府警はこの日約170人態勢で店内などを捜索、バカラ台5台や現金約900万円を押収した。

 逮捕容疑は、同日午前11時50分ごろ、店内で客に金を賭けさせ、掛け金の一部をコミッション(手数料)名目で受け取っていたなどとしている。

 府警の調べに対し、宮武容疑者は「コミッションを得るため店を開いていた」と容疑を認めている。一部の客は「店は約20年前から場所を変えながら営業していた」と説明しているという。

違法カジノ店から2億円超押収 大阪

客にトランプを使ったバカラ賭博をさせたとして大阪・ミナミの違法カジノ店の従業員ら50人が摘発された事件で、大阪府警保安課は27日、店や関係先から現金計約2億1200万円を押収したと明らかにした。府警によると、違法カジノ店の捜索による押収額としては、府内では過去10年で最高という。

 同課によると、店内から1500万円、関係先2カ所から計約1億9700万円を押収した。店は摘発を逃れるためミナミを転々とし、昨年末から心斎橋筋商店街のビル4階で営業。店名はかつては「大河」だったが、現在は「ゼロワン」に変更されたという。

 府警は26日に店などを捜索し、賭博開帳図利容疑で自称経営者の宮武正晃容疑者(41)や従業員ら10人を逮捕、客14人も単純賭博容疑で逮捕した。別の従業員23人と客3人からも任意で事情を聴いており、今後書類送検する方針。

 

インターネットカジノ店の男ら起訴 店から水溶紙を押収

 関西テレビ

大阪・ミナミのインターネットカジノ店が摘発された事件で、経営者の男らが証拠を隠滅するために水に溶けやすい「水溶紙」を使っていたことがわかりました。

インターネットカジノ店「シティーオブドリーム」の経営者・上田勤史被告(51)ら3人はインターネットに接続したパソコンを使って、客にバカラなどの賭博をさせた罪で14日起訴されました。

店の売上げは、9か月間でおよそ1億8900万円にのぼるとみられます。
また捜査関係者への取材で、店内から水につけるとすぐに破れて溶ける「水溶紙」が押収されていたことがわかりました。

従業員が水溶紙に一日の客の出入りや売り上げなどを記録し、上田被告はそれを確認した後、水を張ったトレイに水溶紙をつけて溶かしていたということです。

上田被告は「警察対策のためだった」と供述しています。

大阪・ミナミのネットカジノ2店舗を摘発 常習賭博容疑で5人逮捕 大阪府警

 

 インターネットを利用したカジノで客に賭博をさせたとして、大阪府警保安課と生活安全特別捜査隊などは24日、常習賭博容疑で大阪市中央区東心斎橋のネット賭博店「ビッグボム」など2店舗を摘発し、同店従業員の高橋孝治容疑者(42)=同区島之内=ら5人を現行犯逮捕したと発表した。容疑を認めているという。

 高橋容疑者の逮捕容疑は23日午後11時半ごろ、店内で26~44歳の客の男女4人にネットカジノで賭博をさせたなどとしている。

 府警は両店にいた客計6人も賭博容疑で現行犯逮捕。両店から売上金計約390万円やパソコン26台などを押収しており、経営実態の解明を急いでいる。

大阪ミナミでインカジ(闇カジノ)逮捕・摘発ニュースがありましたね!

大阪ミナミといったら、日本でもTOPクラスの繁華街ですね!

昼間の観光も、夜の観光もどちらも楽しく遊べるところです!

やはり人が集まるところには、アンダーグラウンドなビジネスも集まるようです。

他の掲示板のニュース等を観ていても、このお店は結構有名なところだったのでしょうか?

お客さんが集まって噂になったら、摘発されるのも時間の問題ですね!

違法賭博店には近寄らないようにしましょう。

違法賭博店で遊んでいて運悪く捜査関係者が現場に踏み込んできた場合、違法賭博店の従業員と一緒にあなたも逮捕されてしまいますからね。

私の知人が運悪く捜査関係者に踏み込まれたときの状況を詳しく話してくれたので、その時の状況をトップページに記事として掲載しています。

逮捕後の流れなども詳しく書いているので、気になる方は参考にしてください。

正直違法カジノ店って、そもそも違法だからイカサマし放題って印象ですね。

闇カジノやインカジ店舗には公式カジノライセンスなどの概念がないし、いつ摘発されるかわからないので早急に売り上げを立てなきゃいけないって事を考えるとイカサマは確実にやっているでしょう。

それに比べて海外企業が運営するオンラインカジノは、公式カジノライセンスを保有して公平性を担保されいてるのでイカサマの心配はまずないでしょう。

闇カジノで勝つことは夢のまた夢って感じですね。

私が遊んでいるクイーンカジノは公式カジノライセンスを保有しているので、第三者審査機関が常に監視を続けている優良オンラインカジノです。

興味があれば覗いてみてください。

【勝ち証拠画像有】Queen casino(クイーンカジノ)詳細&登録ページはこちらから

 

 

▼海外企業がカジノライセンスを取得して運営しているオンラインカジノの合法性や安全性を弁護士の先生がブログで発信しています▼

弁護士先生の見解を記事にしてまとめていますので、気になる方はチェックしてください!

オンラインカジノユーザーが不起訴。弁護士先生の見解をブログから引用しています。
オンラインカジノで遊ぶにあたり、気になる点がいくつかありますが、一番気になるところは【合法なのか?】【違法なのか?】だと思います。実際にオン...

 

▼インカジ(闇カジノ)とは?

よく繁華街でお酒を飲んでいて、次の店に移動しようと街を歩いていると

『インカジありますよ』

『めくりありますよ』

『裏スロありますよ』

などと、キャッチの若いお兄さんたちが声をかけていたりしているのを目にしたことはありませんか?

そのお兄さんたちについていくと、ビルの一室に連れていかれ中に入ってみると大勢のお客さんがパソコンやテーブルの前でカジノゲームに没頭中。

そこがまさにインカジ(闇カジノ)です。

ニュースでもインカジ(闇カジノ)が摘発されました!などと報道されるのは良く見ますね。

しかし、インカジのお客さんたちは自分が摘発・逮捕されるなんて微塵も思っていないので、

ハマっている人は毎日通ったりもしています!

この前世間を賑わせた元バトミントンの選手なども、一夜にして高額な金額を稼げるとハマっていて社会問題になりましたね!

ただ、インカジ(闇カジノ)は違法です!その場に踏み込まれたら、間違いなくお客さんも逮捕されます!ので、ご注意いただきたい。

摘発を強化してるインカジ(闇カジノ)で遊ぶのは非常にリスキーですね。

 

▼そんな中、インカジ(闇カジノ)からお客さんが流れているのはオンラインカジノ

最近インカジ(闇カジノ)にはまっていた人たちが、流れているのが

オンラインカジノ

インカジ(闇カジノ)とオンラインカジノは別物です!

▼オンラインカジノって何?

bandicam 2016-06-17 11-28-46-823_thumb[2]

オンラインカジノは、自宅のパソコンや会社のパソコンなどからできるオンラインカジノサイトの事を言います。

最近ではスマートフォンからできるオンラインカジノサイトも出てきて遊びやすくなって来ているのが現状です。

インカジ(闇カジノ)などで遊んでいたゲームなど同じゲームが、自宅やスマフォから好きな時間に遊べるのが人気の理由みたいです!

▼人気のオンラインカジノサイト best3

※ 登録したいかたは画像をクリックすれば各サイトに飛ぶ設定になっています。

1位   クイーンカジノ

bandicam 2016-06-17 23-25-56-648_thumb[1][2]

あの人気元AV女優の上原亜衣ちゃんが公式アンバサダーガールを務めているオンラインカジノサイト   サポートの対応や、充実したボーナスなどもありオンラインカジノプレイヤーには人気です! 出金のスピードも業界ナンバーワンの対応をしているので、プレイヤー達からの信頼は厚いようです!   パソコンとスマートフォンに対応しているので、いつでもどこでも遊べます!

自分の手持ちの銀行口座から軍資金の振込入金や、勝利金額の受け取りまで自分の銀行口座で完結できるので、他のカジノより利便性がいいので重宝しています!

ここのアカウントを作成しておいてもいいかもしれませんね!

Queen casino(クイーンカジノ)詳細&登録ページはこちらから

▼登録方法紹介ムービー

2位   ベラジョンカジノ

bandicam 2016-06-17 23-23-32-314_thumb[1]

ベラジョンカジノはオンラインカジノ界のKINGと言っても過言ではないくらい有名なサイトですね!

ゲームの種類が豊富で沢山のプレイヤーたちに愛されています!

3位   ウィリアムヒル

bandicam 2016-06-17 11-17-57-338_thumb[1]

スポーツベットをするならウイリアムヒル!

海外サッカーやメジャーリーグなどの試合にベットできるほか、日本のプロ野球の試合にも賭けれたりします!

スポーツベットがお好きな方はウィリアムヒルへどうぞ!

ネットで副業なら、クイーンカジノ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする