勝率が半端ない!ルーレットで使えるハフイ攻略法が凄すぎる!!

インカジ@池袋 逮捕・摘発されない遊び方

豊島区池袋のインターネットカジノ店の摘発情報

東京・豊島区池袋のインターネットカジノ店「マリン」の従業員・菊池浩史容疑者(45)と、田中幸孝容疑者(43)は5日、客の男6人に、パソコンを使ってバカラ賭博をさせていた現行犯で、警視庁に逮捕された。
この店には看板はなく、池袋駅周辺で「いいお店あるよ」と声をかけて、客を集めていたという。
店では、少なくとも1年間で、2,400万円の利益を上げていたとみられ、菊池容疑者は、容疑を認めているが、田中容疑者は否認している。

逮捕されたのは、豊島区池袋にあるカジノ店『マリン』の店の責任者・菊池浩史容疑者(45)ら2人で、4日、店にパソコン12台を設置し、海外のカジノサイトに接続したバカラなどで客に賭博をさせた疑いが持たれています。また、客の男6人も逮捕されました。
店の入り口には監視カメラが設置され、常連客を確認したうえで入店させていたということです。

警視庁は4日店を捜索し、パソコンや顧客リストなどを押収するとともに、その場にいた客の男6人も賭博の疑いで逮捕しました。
調べに対し菊池容疑者は容疑を認め、「1日平均で25人の客が訪れ、月におよそ200万円の利益が出ていた」と供述し、従業員の男は「店はインターネットカフェと聞いていた」と容疑を否認しているということです。

この店は、負けた客にかけ金の3%を払い戻すサービスで人気を集めていたということです。

インカジ池袋の逮捕、摘発情報が出てきましたね~

「1日平均で25人の客が訪れ、月におよそ200万円の利益が出ていた」と言っているようですが、どうも怪しい。
1日平均25人×30日=750人が月に訪れて、一月200万円の利益のはずがないと思いますがねー
一人当たり2666円の売り上げって、違法カジノに通ってる客でそんな話があるかい!
5万~50万円は使うだろ!

違法カジノを経営して逮捕リスクを取っているのに200万円なはずがない。
少なく見積もっても月2000万は売り上げていたんじゃないかな?

違法カジノの現金精算は売上金を隠したりするのは容易な事ですし、公式カジノライセンスを保有するなどのルールがないので店側はイカサマし放題ですね。
インターネットカジノ店で勝つことは夢のまた夢って感じですね。

私が遊んでいるクイーンカジノは公式カジノライセンスを保有しているので、第三者審査機関が常に監視を続けている優良オンラインカジノです。

興味があれば覗いてみてください。
一つ言っておきますが、インカジとオンラインカジノは別物ですから逮捕される心配はありませんよー

【勝ち証拠画像有】Queen casino(クイーンカジノ)詳細&登録ページはこちらから

池袋基本情報

池袋は埼玉方面からの玄関口、埼玉から上京する人は池袋で遊ぶなんて噂を聞きますね!

なんでも、池袋でナンパをするとしたら夕方から20:00くらいまでにナンパすると確率は上がるなんてことも言われてますね!

池袋にはサンシャインシティやナンジャタウンなどカップルで遊べるスポットも多くて、一人で遊びに行くと寂しい気持ちになりますね笑

TVドラマの『IWGP(池袋ウエストゲートパーク)』とゆうカラーギャングを題材にした人気ドラマもあります。
その影響なのか夜出歩くのは少々怖いイメージもしますね・・・笑
風俗も数多くあり独身者の遊び人にとっては楽しい街でしょうね!

 

▼海外企業がカジノライセンスを取得して運営しているオンラインカジノの合法性や安全性を弁護士の先生がブログで発信しています▼

弁護士先生の見解を記事にしてまとめていますので、気になる方はチェックしてください!

▼インカジ(闇カジノ)とは?

  よく繁華街でお酒を飲んでいて、次の店に移動しようと街を歩いていると  

『インカジありますよ』

『めくりありますよ』

『裏スロありますよ』

などと、キャッチの若いお兄さんたちが声をかけていたりしているのを目にしたことはありませんか?

そのお兄さんたちについていくとビルの一室に連れていかれ、部屋の中に入ってみると大勢のお客さんがパソコンやテーブルの前でカジノゲームに没頭中。

そこがまさにインカジ(闇カジノ)です。  

ニュースや報道番組でもインカジ(闇カジノ)が摘発されました!などと報道されるのは良く見ますね。  

インカジのお客さんたちは自分が摘発・逮捕されるなんて微塵も思っていないので、 ハマっている人は毎日通ったりもしています。

この前世間を賑わせた元バトミントンの選手なども、一夜にして高額な金額を稼げるとハマっていて社会問題になりましたね笑

ただ、インカジ(闇カジノ)は違法です。

その場に踏み込まれたら、間違いなくお客さんも逮捕されるのでご注意いただきたい。  

警察当局が摘発を強化してるインカジ(闇カジノ)で遊ぶのは非常にリスキーですね。    

 

▼そんな中、インカジ(闇カジノ)からお客さんが流れているのはオンラインカジノ▼

最近インカジ(闇カジノ)にはまっていた人たちが、流れているのがオンラインカジノ。

インカジ(闇カジノ)とオンラインカジノは別物ですよー!    

▼オンラインカジノって何?

bandicam 2016-06-17 11-28-46-823_thumb[2]_thumb

オンラインカジノは、自宅のパソコンや会社のパソコンなどからできるオンラインカジノサイトの事を言います。

最近ではスマートフォンからできるオンラインカジノサイトも出てきて遊びやすくなって来ているのが現状です。  

インカジ(闇カジノ)などで遊んでいたゲームなど同じゲームが、自宅やスマフォから好きな時間に遊べるのが人気の理由みたいです。 

▼インカジ(闇カジノ)とオンラインカジノの違い  

よく言われる【インカジ】とはマンションの一室や雑居ビルの一室などを使い、室内のパソコンから海外のオンラインカジノサイトにアクセスさせて遊ばせ、店員がその場でポイントを現金に換えてくれる競馬でいうノミ屋のようなことをしているインターネットカジノです。

店員がその場でポイントを現金に換えてしまうと、店舗型の闇カジノといった認識になってしまうため逮捕や摘発をされてしまいます。  

しかし海外のオンラインカジノサイトで遊んでも海外の決済会社などを通してプレイする分には、現在の法律では個人を逮捕・摘発をすることできないのが現状です。  

日本のいたるところにあるパチンコ屋なども、法律の隙間をぬって3店方式という換金方式をとっていてお店側と個人間でお金のやり取りがないようにしているので逮捕や摘発されない状況と同じですね。  

その隙間をぬって遊んでいる方が多いオンラインカジノは、これからもひそかに人気を集めていくでしょう。

もちろん法の整備がすすんで違法になってしまった場合は、すっぱりやめることをお勧めしますが、法の整備が進むのも当分先の話になるでしょう。    

▼人気のオンラインカジノサイト best3

※ 登録して遊びたいかたはバナーをクリックすれば各サイトに進めます。

1位   クイーンカジノ

bandicam 2016-06-17 23-25-56-648_thumb[1][2]

あの元人気AV女優の上原亜衣ちゃんが公式アンバサダーガールを務めているオンラインカジノサイト。   

日本語サポートの対応や、充実したボーナスやキャンペーンなどもあり、オンラインカジノプレイヤー達には人気の高いオンラインカジノです。

出金のスピードも業界ナンバーワンの対応をしているので、プレイヤー達からの信頼は厚いです。   

パソコンとスマートフォンに対応しているので、いつでもどこでも遊べます!
会社に出金する前に17万円勝てる事もありました。

自分の手持ちの銀行口座から軍資金の振込入金や、勝利金額の受け取りまで自分の銀行口座で完結できるので、他のオンラインカジノより利便性がもの凄くいいので重宝しています。

ここのアカウントを作成しておいてもいいかもしれませんね。

ちなみに私も遊んでいるのは、もっぱらクイーンカジノです笑
クイーンカジノではトータル400万位勝っています。笑

クイーンカジノの詳細ページはこちらからどうぞ

▼登録方法紹介ムービー

   

2位   ベラジョンカジノ

bandicam 2016-06-17 23-23-32-314_thumb[1][2]

ベラジョンカジノはオンラインカジノ界のKINGと言っても過言ではないくらい有名なサイトですね。

パソコン&スマホからプレイできるのでいつでもどこでも遊べます!

ゲームの種類が豊富で、毎月キャンペーンの更新もしているので沢山のプレイヤーたちに愛されています。

必勝勝利金システムは他のオンラインカジノサイトにはないキャンペーンで、毎日プレイヤーの誰かに100万円前後の賞金が当たります!
明日の当選者はあなたかもしれない。笑

3位   ウィリアムヒル

bandicam 2016-06-17 11-17-57-338_thumb[1][2]

スポーツベットをするならウイリアムヒル!

海外サッカーやメジャーリーグなどの試合にベットできるほか、日本のプロ野球の試合にも賭けれたりします!

スポーツベットがお好きな方はウィリアムヒルへどうぞ!

ネットで副業なら、クイーンカジノ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする