オンラインカジノユーザーが不起訴。弁護士先生の見解をブログから引用しています。

オンラインカジノで遊ぶにあたり、気になる点がいくつかありますが、

一番気になるところは【合法なのか?】【違法なのか?】だと思います。

実際にオンラインカジノユーザーが3人逮捕された事件を担当した弁護士先生の意見をまとめましたので、気になる方はよく読んでください!

2017年になり、オンラインカジノ業界に大きな動きとなる結果が出された。

それは、海外で合法的に運営されているオンラインカジノを、日本から利用した場合に、罪に問われる事は無いという例が出来た事。

オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。

出典:不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件|賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ

これまで容疑をかけて逮捕した警察や検察の決定(罰金刑)で終わっていた、オンラインカジノに対する法的判断に対して、1人が不服を申し立て争い「不起訴=無罪」であるという判断がされたのです。

この決定は何よりも大きな例であり、こう言えます。

海外のオンラインカジノを日本から利用した場合、きちんとした法律が無いままに罪にに問うことはできない事がある。よってオンラインカジノは完全に違法とは言えない。

この様になった経緯。

警察のキャンペーン的な動きなのか、闇カジノの摘発などが多くあった2016年の3月10日に、日本で初めての「海外事業者によって運営される無店舗型カジノ(オンラインカジノ)を日本国内から遊んでいた日本人プレイヤーが逮捕される」という事件が起こった。

出典:https://www.keijihiroba.com

この事件では3名が逮捕され、拘留期間を終えた後、略式起訴で罰金刑が言い渡され、逮捕された方々は釈放されたと報道があったので、ご存知の方は多いはず。

もともと法律的にどちらともハッキリしない状態であったオンラインカジノでしたが、正式起訴後の裁判での判決も無いままに、検察が提示し逮捕者が了承した「略式起訴での罰金刑」という事実のみが結論となり、オンラインカジノは違法であるという事が正しいとされたのです。

この結論には、多くの法律家が疑問を投げかけており、やはり本当の所は、きちんと裁判になって判例が出来ないと判断ができないと言った声が多くあがっていました。

終わったと思われていた事件は争われていた。

一般の方がインターネットやテレビメディアのニュースで知る事件の内容は警察が流している事が多く、この事件についても「初の海外オンラインカジノプレイヤーの摘発」という事で、大々的にニュースが流され、その出口となった「罰金刑」も勝利宣言の様に情報がリリースされました。

なので、誰もがこの時点の情報でインプットが終わっていたのですが、新年になり大きな結論が出たことで、事件は罰金刑だけでは終わっておらず、裁判で争う姿勢を示した方が戦っていた事がわかりました。

ドラマ「HERO」で例えるなら久利生検事が提示した刑を拒否したという事。

出典:http://www.sekainippo.com

ドラマ「HERO」で例えるなら久利生検事が提示した刑を拒否したという事。

彼らのほとんどは,略式起訴されることに応じて(これに応じるかどうかは各人の自由である)軽い罰金刑になることに甘んじたのであるが,そのうち1人は,刑を受けることをよしとせず,略式起訴の打診に応じず争いたいとの意向を示した。

出典:不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件|賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ

日本では容疑をかけられた方の罪が決まるまでには、逮捕・拘留中に取り調べが行われ、正式起訴し裁判となるか、軽微な罪の場合は、略式起訴で罰金刑となるかなど、担当検事による決定がなされます。

略式起訴は、起訴されることになります。更には、略式命令がセットで付いてきて、言うならば、罪を認めてしまって、罰金を払うことで釈放されることです。略式起訴を認めた時点で有罪が決まります。

出典:略式起訴はすぐに釈放される|概要とメリット・デメリット|厳選 刑事事件弁護士ナビ

いずれの場合も、容疑をかけられた方が選ぶ事ができ、今回の方は、ここで担当検事が提示した略式起訴(罰金刑)の提示を不服として、裁判で争う方を選択したという事になります。そして、その判断をされた検察は起訴する事なく「不起訴(無罪)」を選択したのです。

出典:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

不起訴処分には、その理由により、大きく言って、
(1)裁判における無罪と同様と言うべき、「嫌疑なし」あるいは「嫌疑不十分」を理由として行われる不起訴処分と
(2)証拠が充分でも、「犯人の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の状況により訴追を必要としないとき」 にあたると認める場合に「起訴猶予」(刑訴248条)として行われる不起訴処分があります

出典:不起訴処分と略式請求|不起訴・示談に強い刑事事件弁護士

担当弁護士の事件へのアプローチや実力が生んだ結果であるので、この結果を生み出した「技術」については外部の人間にはわかりようがありませんが、罰金刑で簡単に終わる事なく、裁判で争う事を選んだ勇気ある方の行動が、海外のオンラインカジノを利用する事に対する「これまでと違う解釈」を初めて示してくれたのです。

不起訴を勝ち取った担当弁護士の意見

このオンラインカジノ業界の未来に多大な影響を及ぼすであろう「不起訴」を勝ち取った弁護士「津田岳宏」さんがブログで意見を発信していたので抜粋紹介します。

賭博罪を専門とする弁護士として,新年早々非常に嬉しい結果を出すことができた。
私は昨年から,いわゆるオンライカジノをプレイしたとして賭博罪の容疑を受けた人の弁護を担当していたのであるが,これにつき,不起訴を勝ち取ったのである。

出典:不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件|賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ

賭博罪の不当性を強く感じている私としても,本件は是が非でも勝ちたい事件であった。
本件のポイントは,いわゆる必要的共犯の論点で語られることが多かったが,私はそれは違うと考えていた。
これのポイントは,被疑者が営利目的のない単なるユーザーであり,罪名も単純賭博罪であるという点である。

出典:不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件|賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ

今の日本は,競馬やパチンコなど,容易に合法的な賭博行為ができる環境が整っている。
つい先日には,カジノ法案も可決された。
そのような状況で,この微罪を適用して刑に処することが刑事政策的に妥当であるとは到底思えない。
単純賭博罪は撤廃すべきというのが私の主張であるし,少なくとも,この罪は今すぐにでも有名無実化させてしかるべきである。

出典:不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件|賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ

本件の特徴は,当該賭博行為につき,海外で合法的なライセンスを得ている一方当事者である胴元を処罰することはできないところ,他方当事者であるユーザーを処罰しようとする点にある。

出典:不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件|賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ

本件は,主たる地位にある一方当事者を処罰することができないにもかかわらず,これに従属する地位にある当事者を処罰することができるのか,という点が真の論点となる。

出典:不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件|賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ

結果が出たのは,間違いのない事実である。
本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。
言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。
営利の目的なく個人の楽しみとしてする行為を対象とする単純賭博罪の不当性をうったえ続けている弁護士として,この結果を嬉しく思う。そしてちょっぴり誇りに思う。

出典:不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件|賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ

これだけ賭博罪に精通した弁護士の方がいると知っていたら、略式起訴で罰金刑を受け入れた方々も裁判で争おうと、罰金刑にサインしなかったかもしれませんが、過去の決まってしまった事案は覆らない物なので、同様の容疑で前科がついてしまった方は辛いところでしょう。

この不起訴(無罪)を勝ち取った方と、弁護士「津田岳宏」さんが導き出した結果は、きちんとした法律もないままに拡大解釈され逮捕された、これまでの「海外オンラインカジノの日本国内からの利用者」への対応に大きな変化をもたらしたのです。

最後にもう一度書いておきます。

日本国内から海外オンラインカジノを利用した場合に、賭博罪容疑で争った日本で唯一の例は「不起訴=無罪」となった。

※ 日本企業が日本で運営しているオンラインカジノで遊んだ場合は、闇カジノと同じでしっかりと胴元と参加者が単純賭博罪と賭博場開張図利罪に問われるでしょうから、全てのオンラインカジノがこの例に当てはまる訳ではありません。

また、あくまで現時点での日本で唯一の争った案件は「不起訴」でありますが、カジノ法案が可決され、カジノに対する法律の整備が進み、オンラインカジノに対する法律が明記された場合は、それによって変化が生じる場合があります。

※当サイトで紹介しているカジノはカジノライセンスを取得している海外企業が運営しているオンラインカジですのでご安心を。

 

▼人気のオンラインカジノサイト best3

※ 登録したい方は画像をクリックすると各サイトに移ります!

1位   クイーンカジノ

bandicam 2016-06-17 23-25-56-648_thumb[1][2]

あの人気元AV女優の上原亜衣ちゃんが公式アンバサダーガールを務めているオンラインカジノサイト   サポートの対応や、充実したボーナスなどもありオンラインカジノプレイヤーには人気です! 出金のスピードも業界ナンバーワンの対応をしているので、プレイヤー達からの信頼は厚いようです!   パソコンとスマートフォンに対応しているので、いつでもどこでも遊べます!

自分の手持ちの銀行口座から軍資金の振込入金や、勝利金額の受け取りまで自分の銀行口座で完結できるので、他のカジノより利便性がいいので重宝しています!

▼クイーンカジノで遊ぶメリット▼

他にもオンラインカジノがある中で、オンラインカジノ業界初の銀行決済を導入していて、

銀行振込で入出金ができて、なおかつ手数料がかからない所も魅力的だ。

※振込手数料はかかります。

※$50未満の出金には、手数料が$5かかります。

銀行振込

入金

出金($50以上)

出金($50未満)

手数料

無料

無料

$5

▼VIP会員になると特典が沢山ついてくる▼

インカジや闇カジノと違って、クイーンカジノでは沢山お金を賭けるお客さんにVIP会員になれる招待状を送っています。

VIP会員になって嬉しい特典としては、負けてしまった金額に対してキャッシュバックをしてくれるリベートボーナス制度があります。

その他にもウェルカムボーナスや、過去にスペシャルイベントとしてマカオのカジノツアーなども開催されていました。

インカジや闇カジノで大金を賭けるなら、クイーンカジノでVIP会員になった方がいいですね!

 

シルバーキング

ゴールドキング

プラチナキング

ダイヤモンドキング

VIP

昇格条件

ミニマムターンオーバー:

$50,000(30日集計)

入金額:$5000

ミニマムターンオーバー:

$100,000(30日集計)

入金額:$10,000

ミニマムターンオーバー:

$500,000(30日集計)

入金額:$50,000

ミニマムターンオーバー:

$1,000,000(30日集計)

入金額:$100,000

VIP

ウェルカムボーナス

$50

$100

$120

$150

リベート

ボーナス

+5%

+10%

+15%

+20%

アニバーサリーギフト

スペシャルイベント

特別オファー

×

▼クイーンカジノでは初回入金ボーナスや登録するだけで新規会員にメリットがあるボーナスを受け取れるタイミングがある▼

その①

アカウント作成ボーナス

クイーンカジノでは新規会員登録をすると、入金する前にチャットサポートに『$30の新規会員ボーナスをください』と、申請すればアカウントに即時$30をチャージしてもらえます。

このボーナスでカジノゲームを試して、遊ぶ感覚をつかむのをお勧めします。

その②

初回入金から3回目の入金までに、規約に沿ったボーナスを受け取ることが可能です。

受け取りにはチャットサポートへ「ボーナスをください」と、申請する必要がありますのでご注意ください。

 

初回入金

セカンド入金

サード入金

最大ボーナス

$100($100入金)

$50($100入金)

$50($200入金)

ボーナス%

100%

50%

25%

▼登録方法紹介ムービー

   

2位   ベラジョンカジノ

bandicam 2016-06-17 23-23-32-314_thumb[1][2] ベラジョンカジノはオンラインカジノ界のKINGと言っても過言ではないくらい有名なサイトですね! ゲームの種類が豊富で沢山のプレイヤーたちに愛されています!  

3位   ウィリアムヒル

bandicam 2016-06-17 11-17-57-338_thumb[1][2] スポーツベットをするならウイリアムヒル! 海外サッカーやメジャーリーグなどの試合にベットできるほか、日本のプロ野球の試合にも賭けれたりします! スポーツベットがお好きな方はウィリアムヒルへどうぞ!

参考までに、弁護士先生の見解を載せておきますので、ご興味ある方は観ておくことをオススメいたします!

【弁護士 津田岳宏先生のオンラインカジノユーザーが不起訴になった理由

https://ameblo.jp/gamblelaw/entry-12235518621.html

賭博罪を専門とする弁護士として,新年早々非常に嬉しい結果を出すことができた。

私は昨年から,いわゆるオンライカジノをプレイしたとして賭博罪の容疑を受けた人の弁護を担当していたのであるが,これにつき,不起訴を勝ち取ったのである。

昨年,オンラインカジノをプレイしていたユーザー複数が賭博罪の容疑をかけられた。

彼らのほとんどは,略式起訴されることに応じて(これに応じるかどうかは各人の自由である)軽い罰金刑になることに甘んじたのであるが,そのうち1人は,刑を受けることをよしとせず,略式起訴の打診に応じず争いたいとの意向を示した。弁護を担当したのは私であった。

本件は,海外において合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノにつき,日本国内のパソコンからアクセスしたという事案である。

この形態の案件は,従前検挙された例がなく,違法なのかどうかがはっきりしない状況になっていた。

賭博をやったのは認めるが,そのような状況で不意に検挙されたのが納得いかない,というのがその人の言い分であった。

賭博罪の不当性を強く感じている私としても,本件は是が非でも勝ちたい事件であった。

本件のポイントは,いわゆる必要的共犯の論点で語られることが多かったが,私はそれは違うと考えていた。

これのポイントは,被疑者が営利目的のない単なるユーザーであり,罪名も単純賭博罪であるという点である。

賭博罪とひと口にいうが,単純賭博罪と賭博場開張図利罪の軽重は雲泥の差である。

後者の量刑は3月以上5年以下の量刑であるが,前者の量刑は50万円以下の罰金である。

諸外国では,賭博場開張図利罪や職業賭博は処罰するが単なる賭博は処罰しないという法体系を取っている国も多い。

ドイツ刑法や中国刑法がそうだ。

現行刑法でも,単純賭博罪は,非常な微罪である。

法定刑は罰金のみ,罰金刑の法律上の扱いは軽く,たとえばわれわれ弁護士は,執行猶予が付いても懲役刑なら資格を失うが,罰金刑なら失わない。

またこのブログで散々書いているように,今の日本は,競馬やパチンコなど,容易に合法的な賭博行為ができる環境が整っている。

つい先日には,カジノ法案も可決された。

そのような状況で,この微罪を適用して刑に処することが刑事政策的に妥当であるとは到底思えない。

単純賭博罪は撤廃すべきというのが私の主張であるし,少なくとも,この罪は今すぐにでも有名無実化させてしかるべきである。

本件の特徴は,当該賭博行為につき,海外で合法的なライセンスを得ている一方当事者である胴元を処罰することはできないところ,他方当事者であるユーザーを処罰しようとする点にある。

この点は従前,必要的共犯において一方当事者が不可罰である場合に他方当事者を処罰することができるのか,という論点に絡めて語られることが多かった。

しかし,真の問題点はここではないと私は考えていた。

賭博場開張図利罪と単純賭博罪の軽重は雲泥の差である。

賭博行為について,刑事責任のメインは開張者(胴元)が負うのであり,賭博者(客)が負う責任はある意味で付随的である。

賭博犯の捜査は胴元の検挙を目的におこなうものであり,「賭博事犯の捜査実務」にもその旨記載がある。

そこには,些細な賭け麻雀を安易に検挙すべきでない旨の記載もある。胴元のいない賭博を安直に検挙することをいさめる趣旨である。

以上を踏まえたとき,本件は,主たる地位にある一方当事者を処罰することができないにもかかわらず,これに従属する地位にある当事者を処罰することができるのか,という点が真の論点となる。

この点,大コンメンタール刑法には,正犯者が不可罰であるときに従属的な地位にある教唆者や幇助者を処罰することは実質的にみて妥当性を欠くので違法性を阻却させるべき,との記載がある。

賭博事犯において,胴元と客は教唆や幇助の関係にあるわけでないが,その刑事責任の軽重にかんがみれば,事実上従属する関係にあるといえる。

というような話は,私が検察庁に提出した意見書の一部である。

本件での主張事由は他にも色々とあり,それらを全て書くと長すぎるし,そもそも,ラーメン屋が秘伝のスープのレシピを完全公開するような真似はしない(半分冗談半分本気)。

結果が出たのは,間違いのない事実である。

本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。

言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。

営利の目的なく個人の楽しみとしてする行為を対象とする単純賭博罪の不当性をうったえ続けている弁護士として,この結果を嬉しく思う。そしてちょっぴり誇りに思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする